ホームタイ語の基礎タイ語基本会話タイ語の書籍タイ語翻訳サービスタイ基本情報タイ語通訳|メール|
 
タイ語の基礎
・タイ語の母音と子音の一覧表
・タイ語の母音
・タイ語の子音の種類
・タイ語の音節
・タイ語の末子音
・タイ語の声調
《タイ語の末子音》
末子音とは単語の最後につく子音のことです。タイ語の構成(音節)は”子音+母音”あるいは”子音+母音+子音(この位置の子音を末子音ともいいます)”でしたね。末子音として発音される音は9つありますが、特に注意して欲しいのは次の6つです。

●基本的な3つの末子音

例えば、日本語の「一個」「一頭」「一杯」を発音してみて下さい。
「一個」「一頭」「一杯」それぞれの「一」を発音したときの口の閉じかたが違うことがわかりましたか?

一個(__k) 口に急ブレーキをかけるようにして最後まで口を閉じない。 いずれも「ツ」の音で終わる
一頭(__t) 舌を上顎につける。または少し舌をかむ。
一杯(__p) 唇を閉じる。

・「一個」の「一」は「ikko」で「k」の末子音である。
・「一頭」の「一」は「itto」で「t」の末子音である。
・「一杯」の「一」は「ippai」で「p」の末子音である。

以上の「一」は末子音がそれぞれ違い、それに応じて口の閉じかたが違うのです。これから、タイ語の「k」、「t」、「p」の末子音は、日本語のこれらの言葉を言うときの口の動きを基にして使い分けて下さい。

●次に大切な末子音3つ

例えば、日本語の「参加」「三条」「三本」を発音してみて下さい。
「参加」「三条」「三本」それぞれの「さん(三、参)」を発音したときの口の閉じかたが違うことに気がつきましたか?

 

参加(__ 「k」を言うときと同じ。口に急ブレーキをかけるようにして最後まで口を閉じない。 いずれも「ン」の音で終わる
三条(__n) 「t」を言うときと同じ。舌を上顎につける。または少し舌をかむ。
三本(__m) 「p」を言うときと同じ。唇を閉じる。

・「参加」の「さん」は「sa ka」で「」の末子音である。
・「三条」の「さん」は「san jo」で「n」の末子音である。
・「三本」の「さん」は「sam bon」で「m」の末子音である。

以上の「さん(三、参)」は末子音がそれぞれ違い、それに応じて口の閉じかたが違うのです。これから、タイ語の「」、「n」、「m」の末子音は、日本語のこれらの言葉を言うときの口の動きを基にして使い分けて下さい。

 

《タイ語の声調》
タイ語の声調は、第1声調から第5声調まで5つあります。成長と言うとピンと来ない方も多いかもしれません。しかし、日本でもテレビやラジオのアナウンサーのような仕事をする方は、この声調を勉強したことがあるのではないでしょうか。

例えば、次の日本語の単語を読んでみましょう。

1、バンコク銀行     2、銀行

同じ「銀行」という単語なのに声調を付けるてみると1は「bankoku gnku」と音程が上下し、2は「ginkou」と平音になります。

タイ語は形容詞がついたり熟語になったりしても、一つの同じ単語の声調が変わることはありません。私達タイ人が初めて日本に来たときも、日本語の声調にとても困りました。と言いますのは、同じ単語なのに使い方によって声調が変ってしまう場合があるからです。どれが正しい発音なのか分からないので、本当に正しい日本語の発音(アクセント)ができないのです。

 

【第1声調( )】

日本語では例えば「銀行」⇒「ginkou」と言うときと同じように平らな音で発音します。声調を間違えないために、下の絵のように顔を動かしながら発音してみて下さい。

顔を真横に動かしてみる

 

【第2声調( )】
日本語の例で言うと、「ごはん」⇒「ghn」と言うときの「hn」のように音が下がるのが第2声調です。声調を間違えないように顔を下げながら発音してみて下さい。

顔をまっすぐに向けた状態から下に下げてみる

 

【第3声調( )】
声が一旦上がって下がります。日本語で「じゃあね」と言うときの「ja nee」の「ja」が第3声調になります。

顔を1回上げ下げしてみる

 

【第4声調( )】
声が上がってそのまま上がりっぱなしになります。日本語で「来ない」と言うときの「kni」の「k」は第4声調です。

顔を上げながら発音し、上げっぱなしにしてみる

 

【第5声調( )】
音が一旦下がって上がります。日本語でこの声調の発音をすることはあまりないと思っていましたが、最近の若者が「まっじぃ〜?」と言うときの「じぃ〜?」がこの音にあたるということに気がつきました。音を下げて上げるこの声調は誰にでも簡単にできます。

顔をまっすぐ前に向けた状態から、
下に降ろしてまた上に戻しながら言ってみる

 

→前のページに戻る

→ホームに戻る

Copyright©2002 thaigo.co.jp All rights reserved.